横須賀交響楽団

指揮者

音楽監督

石野雅樹

石野雅樹

横須賀市生まれ。県立追浜高等学校在学中にトロンボーン奏者として当団に入団。
東海大学教養学部にて音楽学を専攻。 その後、団の永久指揮者である故・根本英男氏に指揮法を伝授される。 76年の団創立20周年記念演奏会で指揮者としてデビュー、 78年に常任指揮者に就任、現在音楽監督。
音楽学を専攻した経歴から、適切な分析力とともにスケールの大きな音楽を創ることで定評がある一方、 オーケストラ編曲も得意としている。
また、各演奏会の主催者や会場とのマネージメント業務およびさまざまな企画にも積極的に取り組み、 名実ともに横須賀交響楽団の顔となっている。
著作に、トランペット名曲集、オーケストラ名旋律集(ドレミ楽譜出版社刊・共著)など多数あり。


副指揮者

Masahiko Sakamoto

阪本正彦

東京都青梅市出身。1987年東京芸術大学卒業。 ホルンを宇田紀夫、守山光三、千葉馨、室内楽を村井祐児、海鉾正毅、 指揮を湯浅勇治、高階正光、松沼俊彦、下野竜也の各氏に師事。 1985年神奈川県県立音楽堂推薦音楽会に出演。 1986年東京交響楽団入団。オーケストラ活動のみならず、アマチュアオーケストラ・吹奏楽等への的確な指導にも定評がある。
湯浅勇治氏(ウィーン国立音楽大学准教授)による指揮セミナー聴講を契機に2008年秋より受講を開始。 2012年フィンランドのナーンタリで行われたヨルマ・パヌラ指揮マスタークラスに参加、最終日の祝賀コンサートに出演。 2013年夏にフィレンツェ国際指揮マスタークラスに参加、 フィレンツェ室内管弦楽団音楽監督ジュゼッペ・ランツェッタ氏の薫陶を受ける。 2015年にはブダペスト国際指揮マスタークラスを受講し、オーケストラと共に演奏の喜びを分かち合うなど、 指揮者としての研鑽を重ねている。
2013年夏より「槌音プロジェクト」を支援する、 オーケストラとコーラスによる震災復興支援チャリティーコンサート「真夏の第九」を企画、これまでに5度開催している。 また2013年末には奄美群島日本復帰60周年記念第九演奏会の指揮を務め、 毎年末に演奏会を指揮している。2014年には歌劇「椿姫」を指揮し、オペラデビューを果たした。 2015年2月三菱東京UFJ管弦楽団第13回定期演奏会では“素晴らしい響きと躍動感あふれる音楽を導き出した”との評価を受けた。 本年は夏にさがみはらフィル定期演奏会、KTS室内オーケストラ定期演奏会等、秋に横須賀交響楽団定期演奏会、 年末には奄美オーケストラ第九演奏会等を予定している。
現在、東京交響楽団ホルン奏者、ピアノと木管五重奏ゼクステット魅生瑞(みゅうず)メンバー、 Glanz弦楽合奏団主宰・指揮者、横須賀交響楽団顧問及び副指揮者。

メルマガ購読・解除
横須賀交響楽団
コンサート情報
登録方法のご案内

バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
コピーライト